刻々と変化する空の色。

そんなに長時間、どこまで飛んだのかというと…

千歳から稚内です。

普通なら、1時間もかからない飛行時間。

でも、昨日は降雪がひどく、稚内上空で旋回していたのです。

天候回復と稚内空港の除雪を待っていたのですが、あえなく撃沈。

天候回復の見込みがなく、除雪も追いつかないとのことで「当機は目的地を新千歳空港に変更します」とのアナウンスが。

結局、2時間のフライトを経て新千歳空港に戻ってきました。

空港に戻ると、運良く友人と会えました!

彼女は仙台から札幌に出張で来ていたのですが、今回は私の飛行機の方が早いから会えないね、なんて話していたのです。

空の神様ったら、なんて粋なことを。おかげさまで、ほんの少しですが会えました。

先々週は、その後深夜バスで稚内に向かったのですが、今回はクラスが昼からだったので、一旦仕切り直して朝の特急で向かうことに。

現在、その特急の中で北へ向かいつつ、この記事を書いていますが…

今日は、全道的に凍れている朝。列車のドアが凍結したりして、開閉不良を起こしています。駅ごとに、職員さんが走り回って雪氷を落としてくださっています。

自然の前に、人間の力は小さい。

けれど、人間はたくましい。

そんなことをあらためて感じています。

まだまだ続く、北海道の冬。

自然にも、こうして日常を支えてくださっている多くの方にも感謝します。

さて、私は無事つけるのかしら。。。

飛行機が飛んでさえくれれば、豊富は近いんだけどなぁ。


ひろぽん

【北海道を元気に!】 こどもからシニアまで、あらゆる世代の脳とからだを刺激する健康運動指導士です。札幌を拠点に全道で活動しています。

Facebook
Facebook
Instagram
Twitter
Google+
http://plus-h-hokkaido.com/2019/02/08/%E8%BF%91%E3%81%8F%E3%81%A6%E9%81%A0%E3%81%84%E3%80%81%E8%B1%8A%E5%AF%8C%E7%94%BA