ここ1ヶ月間、学んでいたことがあります。

がん専門運動指導士という資格を取得するための講座を受講していました。

もはや、がんは、万が一かかってしまうかもしれないという病気ではなく、日本人の2人に1人がかかる病気です。

実際に、私の周りやお客様にも、がんにかかったことのある『がんサバイバー』の方がいらっしゃいます。

そんな方々が、がん治療から日常生活へと戻るお手伝いをするのが、がん専門運動指導士です。

2年前、お休みをいただいて医療の現場に触れた時に考えていたこと…元気な方々に運動をお伝えするだけでなく、医療の現場と一緒になって、上向きの矢印を太く強く長くしていきたいと思ったことを、まさしく学べる機会でした。

まだまだ学び続けることは重要ですが、少しづつがんサバイバーの方のお手伝いができる場も考えていけたらと思います。

まずは、試験結果を待とう。

カテゴリー: いろいろ

ひろぽん

【北海道を元気に!】 こどもからシニアまで、あらゆる世代の脳とからだを刺激する健康運動指導士です。札幌を拠点に全道で活動しています。

2件のコメント

rei · 2021-09-14 11:44

冬に追いかけたいと思います(*^^*)身近ながんサバイバーからまず・・・

    ひろぽん · 2021-09-15 13:26

    是非是非♡…って、私もまだ合否通知来ていないのですが。(笑)
    今後必要とされていく分野だと思うので、学び続けたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Instagram