もう何年もずっと、毎年子供たちに話していること。

今年の年長さんにも今日話してきました。

「この色、何色だと思う?」と聞くと、黄色という子もいれば、黄緑という子もいる。

「これを見て、もし「赤」と言うなら、違うよと教えるよ。でも、これが黄色か黄緑かは、どっちも正解だよ。先生の目、○○ちゃんの目、△△くんの目、みんな違うんだもの。違う色に見えていいんだよ。」

はじめは目を丸くする子供たちに続けます。

「これは何色?」と青いシャツのAくんを前に呼んで聞いてみます。「青!」

「これは何色?」と水色のシャツのBくんを前に呼んで聞いてみます。「水色!」「どっちが濃い青?」と聞くと、「Aくん」

「これは何色?」とさらに濃い青いシャツのCくんを前に呼んで聞いてみます。「青!」「AくんとCくん。どっちが濃い青?」「Cくん!」

あれ?さっきは濃い青だったAくんが、今度は薄い青になったね。

だからね、絶対なんてことはないんだよ。

自分がそう思ったなら、それがいい。

他の人のことを違うという必要もない。君はそう思うんだね、僕はこう思うよ、と言えたらいい。

違ってた!と思ったら、違ったと言えばいいんだよ。

個性派の先生が、個性を教える時間。(笑)

私としては、とても大切なことだと思うのです。

私は、私を信じる。

子どもたちも、自分の目を信じられる人になりますように。

カテゴリー: いろいろ英語

ひろぽん

【北海道を元気に!】 こどもからシニアまで、あらゆる世代の脳とからだを刺激する健康運動指導士です。札幌を拠点に全道で活動しています。

2件のコメント

rei · 2020-07-21 10:45

なるほど!!ごもっとも!!同じじゃないとダメとか、ちょっと違うと変だとか。そこのニュアンスの伝え方、参考になります!ありがとう!!

    ひろぽん · 2020-07-21 21:50

    reiちゃん
    いつも「違っていいじゃん!」とか「ごめんね」→「いいよー」の流れで許したくなかったら許さなくていい!「いやだから、もうやめて」って言いなとか、他の先生が言わないようなことをしています。こんな大人も必要かなと。参考になったら嬉しいです。こちらこそ、ありがとう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Instagram