毎年11月や12月は出張が多く、この週末でひと段落するな…そんな時に実家から連絡が入りました。

 

おばあちゃんの血圧がかなり低くて、呼吸も30秒以上ない時がある。

 

具体的な数字を聞き、これは会いに行ったほうがいいと直観。すぐに飛行機をおさえ、岩見沢の中学校でセミナーを終えたその足で千歳に向かいました。

会いに行くと、眠ったままのおばあちゃん。

声をかけたり、さすったり。

たまに、私の言葉に反応してくれているように舌が動いたり、深く呼吸をしたりしてくれている気がしました。

思っていたよりも血色もよく、穏やかな顔だったおばあちゃん。

おばあちゃんは99歳9ヶ月。

介護施設に入所しているものの、なにか大病をしたわけでもなく、とても穏やかに眠っていました。

「そろそろ帰るね。また来るね。」

と声をかけ、神社にお参りをし、レモネードでホッと一息。12月とは思えない、とても暖かでのどかな日でした。

そして、帰って来た翌日。

夕方に聞いた訃報。

あばあちゃん、きっと札幌から来てくれて安心したんだよと、母に言われました。

 

おばあちゃんは、私の名前をつけてくれた人。

もともと小学校の先生で、絵を描くのが上手な人でした。

電話をしたら、切る時には「サンキューベリーマッチだよー」なんて言ってくれたりして。

今でもその声をはっきりと覚えています。

おばあちゃん、今もそんな風に私たちに言ってくれてるかな。

おばあちゃんの作ってくれた、しいたけの煮物とさつまいもの天ぷらが大好きでした。作ってくれたそばから、台所でつまみ食いしたなぁ。

大変急でしたが、代行を引き受けてくださった先生方、対応してくださった施設の皆さま、そしてなにより、ご迷惑をおかけしました会員のみなさま…

急なお休みをいただきまして、申し訳ありませんでした。そして、ありがとうございました。

おかげさまで、きちんとお別れをし、気持ちに区切りをつけることができました。

感謝します。

カテゴリー: いろいろ

ひろぽん

【北海道を元気に!】 こどもからシニアまで、あらゆる世代の脳とからだを刺激する健康運動指導士です。札幌を拠点に全道で活動しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Facebook
Facebook
Instagram
Twitter
Google+
http://plus-h-hokkaido.com/2018/12/22/%E3%81%8A%E3%81%B0%E3%81%82%E3%81%A1%E3%82%83%E3%82%93