おいしい日胆

北海道胆振東部地震から2ヶ月半。

ちょうど2ヶ月という頃、まさにあの大規模山崩れのあった厚真町を通ってきました。まだ山肌が生々しく崩れたままだったり、道路が波打っていたり、まさしくここであの地震があったのだということを感じる景色でした。

厚真を抜けて、向かった先は鵡川!

ここも、あの日大きな被害を受けたところです。

今の時期の鵡川といえば、なんといってもししゃも。私が行ったのは、ししゃも祭りの翌日でした。

平日にもかかわらず、結構人が多くてなんだか嬉しかったです。

やっぱり、この時期の鵡川といえばこれ。ししゃも寿司でしょう!今年のししゃもは特に美味しい気がします。ししゃも汁に焼きししゃも!脂のノリ、身のうまみ、オスもメスもそれぞれ違ってそれぞれおいしい!

夜は、目的地の手前の三石温泉で一泊。

ちょっと奮発して、きんき鍋をたのんでみました。

脂のノリといい、汁のうまみといい、最高です。

…というと、完全に観光旅行のようですが、違います。あくまでも、お仕事です!(笑)

 

えりも町の幼稚園で、遊びながら体幹をトレーニングしたり、認知機能低下予防にシナプソロジー をしたり。

こどもの指導も大人の指導も、楽しい時間はあっという間です。

あ!えりも町では、まつかわをいただきました。とってもおいしくてボリューミー!大満足の定食でした。

帰り道には、三石の精肉店でコロッケを。その場で揚げてもらえる贅沢。

日胆は、おいしい。

日胆(にったん)というのは、今回地震で大きな被害を受けたエリアでもある胆振(いぶり)地方と日高地方を合わせた地域です。どちらも、食べて応援します。

 

北海道を元気に!

 

できることは、人それぞれ。

我ながら、なんていい顔。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です