がんサバイバーってなにかわかりますか?

私は、癌からsuiviveした人…ということは、がん治療をして生還した方のことなのかな、と語感から想像していただけでした。

先日、予定が急遽空いたので、以前から気になっていたこのがんサバイバーシップ運動セミナーに参加しました。予定が急遽空いて、飛び入りで参加できるなんて、オンライン化の賜物です。

そこでびっくり!がんサバイバーというのは、がんと診断を受けた人のことだそう。治療の有無は関係なかったのです。

がんは日本人の死因第1位。

生涯でがんになる確率は男性で62%、女性で46%。

CMなどでもよく耳にするようになりましたが、2人にひとりはかかる病気なのです。

…ということは、私のまわりにもたくさんのがんサバイバーが、間違いなくいらっしゃる。

身体を動かすことが、がんの予防に有効ということ。

運動をすることで、がんでの死亡率や再発率を下げるということもわかりました。

これを機に、もう少し学びを深めたいと思い、セミナー後すぐに、がんサバイバーシップグループエクササイズインストラクターの学びに申し込みました。

がんと診断された方にどんな運動をお勧めしたらいいのか、がんを予防するためにはどんなことに気を付けたらいいのか、みなさんにお伝えできるよう学びたいと思います。


ひろぽん

【北海道を元気に!】 こどもからシニアまで、あらゆる世代の脳とからだを刺激する健康運動指導士です。札幌を拠点に全道で活動しています。

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Instagram